〜いしやきいも〜
冬になると「い〜しやきぃ〜もぉ〜」

とかってアナウンスと共に焼き芋売りの車が外を走ったりしてるじゃないですか。そんな焼き芋のお話。

軽トラックとかで「い〜しやぁ〜きいもぉ〜おいもぉ〜」と聞きなれたアナウンスで売っていたはずがですね。

「い〜しやぁ〜きいもぉ〜(ちょっと間が空いて) おいもっ♪」

というアナウンスになってるわけなんですよ。

「おいもっ♪」ですよ。

「おいもぉ〜」

じゃないわけですよ。

何ていいますか。

はにかんでるわけなんですよ!

可愛く言っても駄目だろ!

お姉さんとかの綺麗な声だったらまだ理解もできようものなわけだけど
声の主はどう聞いても「おやG」なわけで。

基本的に今までの焼き芋のアナウンスのイメージとしては同じアナウンスが延々と流れてくるものだったりしたじゃないですか。

それがこの石焼き芋のアナウンスに関しては最後の語尾をちょっとはにかんでみたり

「おいもぉ〜」

と伸ばしてみたりと様々なバージョンが収録されているわけなんですね。

何パターンも収録されてるとついつい聞いてしまうわけなんですよこれが!

単に「焼き芋売ってるよ!」

というアナウンスでしかないわけなんですが無駄に気になる!

次はどのパターンで来るわけよ?と思わず聞き耳を立ててしまうわけですね。

別に焼き芋買うわけじゃないんだけどさ。

最近の焼き芋売りのアナウンスは侮れないなと。

普通にあまり変わらないままみんなの中に浸透していた

「いぃ〜しやぁ〜きぃいもぉ〜」というアナウンスをちょっと言い方変えただけでこれだけ気になるものに仕上げてしまうとは。

策士がいるのか!?

とりあえず戻る