○G-ファイル 〜その35〜 ラーメン屋にて

 駅前を探索してラーメン屋を発見した時に事・・・。

 俺の場合、新しいラーメン屋に入った時にまず最初にやることがあったりします。 それはですね・・・メニューの中に「タンメン」があるかどうかを確認する。というものでして、 タンメンがあったらとりあえずそれを頼むようにしていたりいたします。何かタンメンっておいしいでしょ?

 その店でもとりあえず「タンメン」を発見したんだけど、何故か、何故かそこで俺が見つけてしまったメニュー「カレーラーメン」。こいつを注文してしまったことから全てが始まったような気がする。

 とりあえずそのラーメン屋はカウンターとテーブルで構成された店内、何故か入り口のドアは開きっぱなしというスタイルの店だったのだけど、テーブルは満席。とりあえずカウンターの方に腰をかけ、カレーラーメンを注文、できあがりを楽しみに待っていた。

 カウンターは全部で6席くらいあり、俺の右側には誰もいなく、左の奥に1人・・・。おやGである。今回の話の主役と言ってもよいおやGがそこには座っていた。土建屋さんらしく「●●建設」という文字を縫い込んだ作業着を着ているのだが、指には金の指輪、腕には金のブレスレットという出で立ち。

   怖いなぁこのおっさん・・・直感的にそう思わせる感じのおやGである。おやGは「つまみチャーシュー」をむさぼり喰いつつビールを飲み、テレビに映し出されている「巨人VS広島」のナイターを眺めていた。

 しばらくして俺の注文した「カレーラーメン」到着。その日はかなり腹減り状態だったため、早速カレーラーメンに飛びつくっ!

ま、まじぃぃ・・・

 なんだこれぇーカレーの味はあまりしないし、ラーメンスープっていうわけでも無いし・・・。やべぇやっちまったよ、変なモン頼んじまったよ。困ったよぉ〜。

   まぁ頼んだのは俺だしねーとりあえず腹減ってるからがんばって喰ってみるか!と心機一転そのおいしくない「カレーラーメン」制覇に闘志を燃やしたその直後!

クチャクチャクチャクチャ・・・

 ん!?

   とっても嫌な感じのする音が・・・クチャクチャ・・・。

 そう、隣のおやG、物を喰うときにクチャクチャと音を立てて喰うタイプの人間だったわけ!  くぅーたまんねぇータダでさえ美味とはほど遠い味の「カレーラーメン」喰ってるってのによ、隣でクチャクチャ喰ってるんじゃねーよオラ!と内心思ったものの・・・。

おやG見た目怖ぇーし

 しょうがないのでこのクチャクチャというBGMはなるべく気にしないようにカレーラーメンを喰っていたところ・・・。

ブビッ!

 な、なんだー!?今の音はっ!?もしかして、もしかしておやGあんたっ!

屁こいただろっ!

 そうななんです、おやG「つまみチャーシュー」をむさぼり喰いながら屁こいたのです!しかもかなりデカイ音でっ!

 しかし本人全然悪気無し。

 えーん、カレーラーメン喰ってるのに横で屁こいてるよ、屁!何かカレー系の物を喰ってる時は勘弁して欲しいよなぁ。文句の1つも言いたいけど・・・。

おやG見た目怖ぇーしぃ〜

 しょうがない、まぁ屁は一過性のものだしね。もう屁は来ないだろう。大丈夫さ、大丈夫。そう思い更に「カレーラーメン」をすすっていたら・・・。

ゲーップ

 おおおおおおぉぉぉぉい!今度はげっぷか、おやGっ!まったくよー勘弁してくれよ!と思いおやGを見てみたら・・・。

 つまようじでシーシーやってるし

 結局その見た目のとても危険なおやGは店を後にしたが、取り残された俺はもう何かカレーラーメンどころじゃないなこれは。と思ったものの、空腹には勝てず最後までカレーラーメンを食して店を後にした。

 もうあの店に行くことも無いだろうと心に誓いつつ・・・


トップへ戻る