○K-ファイル〜その16〜 「ダンス・ウィズ・ウルブス」
忘れもしない高校1年生の時に英語の先生がやってくれちゃったお話。

英語の先生は結構映画好き。奥さん綺麗(笑)まぁそれはいいとして・・・。

教室に来てからずーっと何かを話したくて仕方ない感じの先生。

落ち着きがねーんだなこれが。

英語の担当であると同時にクラスの担任だったりもするこの先生。

1時間目から英語。

そして授業開始早々

「土曜日に映画観てきたんだ」

まぁそんな話をしはじめまして。

当時公開前から話題騒然だった「ダンス・ウィズ・ウルブス」

先生楽しそうに話し始めるわけなんですね。

まぁこちらとしても月曜日の1時間目なんて頭の中眠たくて授業にならないので、雑談で多少時間が潰れてくれた方がうれしかったりもするわけなんですけどね。

ちょろっと話したら授業始まるのかな!?とか思っていたのですが・・・。

黒板になにやら色々書き始めるわけですよ!

映画の中の人間関係図とか。

ストーリーもどんどん説明。

しかも妙に細かく説明。

見てない人でも理解できちゃう感じ。
そして終業のチャイムが・・・

おいおい!公開2日目の映画のストーリー事細かに説明しちゃったよこの先生!
見に行こうとしていた人がクラスに結構いたのにねぇ・・・。

先生としては「映画の良さを伝えた」って感じでご満悦ではあったのですが、聞かされた俺たちとしては

「最後のオチまで話やがった!」

って感じでもうげんなりっすよ。

まぁ俺もその中の一人だったりしたわけなんですが、しっかり時間内に先生がラストまで話してしまったので見に行かずって感じで。

生徒は拒否できねぇからなぁ(笑)

「見に行きたいので話さないでください!」

とか言えればいいんだろうけどねぇ。そんなこと言ったらそれこそ大変なことになってしまうので(怒ると怖いのでというか、蹴りとか飛んでくるので)とりあえず黙って聞いてみたり。

まぁいっそのことみんなでノート取ってみるというのもよかったかも!?

その後「ダンス・ウィズ・ウルブス」を映画館で見たという同級生はいませんでした・・・。

それゆけ!変わり者TOPへ

T-CRISIS!