○MD-ファイル〜その50〜 「セレブなマダム」
銀座近辺で地下鉄に乗ったときのお話。

まだ無茶苦茶混んでるという状態でもなかったので、適度に身動きも取れそうな感じの車内だったりしたわけなのでございます。

そんな中、角の座席のところに一人のおば様が座っておりました。

目にはシ●ネルのサングラス、なんかよくわからないけどでかい帽子、そして大量の某有名デパートの袋を持っておりました。 袋は自分の横の席に置いてあるという状態でございました。

で・・・少ししたら電車が混んできたわけですよ、ものすごくね。

もう乗車率何パーセントよ!?みたいな状態に混んできたわけですが・・・。

マダムは微動だにしないわけでございます。

大きな紙袋2つは自分の横。

足元に置けばたぶんもう1人位は座れるであろう状態。

でもマダムは微動だにせず。

そして輝く妙にでかい(顔の大きさとのバランスが明らかに変な)シ●ネルのサングラス。

例えるのであればZガンダムに出てくるクワトロ・バジーナ

まぁクワトロ・バジーナ風味のセレブなマダムってことになるのか!?なんだそりゃ・・・。

意味のないサングラス&セレブなお衣装。

みんなの視線がおばさんの紙袋に注がれていても・・・

微動だにせず

まるで

下々の者、何かあったのか?

みたいな感じ。

結局ずーっと紙袋はおば様の横に置かれたまま電車は走りつづけるのでございました。

こういう辺にセレブ風味のおば様は電車乗るなって・・・タクシーとかハイヤーとか使ってくれ。

金があるならね。

戦え!満員電車TOPへ

戦え!満員電車