○MD-ファイル〜その11〜 「倒れる男」
   とりあえず仕事が終わってふぃ〜と家に帰る途中のお話。
 そこそこ電車が混んでいたのでとりあえずドア横に立って本なんか読んじゃったりしてたわけです。 しばらく走ったでしょうかね、いきなり「ドカ!」っていう音がしたのでふと本から 目を離してみたわけです。そしたら!!!

 なんか反対側のドアの横にいた兄ちゃんがぶっ倒れてるわけです。ひょぇ〜ってな感じだね。いきなりぶっ倒れるんだもんさ!

 車内騒然です。とりあえず近くにいた人たちが「大丈夫?」「おい、君?」とかなんか一生懸命話しかけてるわけです。もしかしたら 死んじゃってるかもしれないわけだし。で、しばらく(10秒位)してですかね。

「うぅぅ〜」と軽いうめき声を発したわけ。ぶっ倒れてる兄ちゃんが。そんでもってその後の一言が凄いわけ。

「すみません、寝てました」

「寝てました」ってよぉ〜。どーなってんのよ?もの凄い音したんだよ。「ドカッ!」ってさ。なのにこの兄ちゃん倒れたあともしばらく寝てた わけですわ。強者なのか馬鹿者なのかよくわからんけど、とりあえず凄いよね・・・。

○MD-ファイル〜その12〜 「キテェィなおやG」
   会社員つ〜かリーマンは電車に乗るのが日課です(違う人もいるけどね)。

 で、いつものごとく電車で帰る時のお話なのです・・・。

 座れたからとりあえず座ってたわけですわ。横には程良く酒に酔ったおやGとその部下らしい若い社員(俺よか歳くってるとは思うけど)。 そんな我々の座る椅子の前を一人の女の子が歩いて行ったのです。手にはハローキティの ポーチみたいなのを手にしてたわけです。そのポーチをみて、おやG一言!

「おっ、キテェィちゃん」と、のたまったわけです。

キテェィちゃんってなんだよ・・・。文字で書くとそんなに違和感はないけど、「程良く酔ったおやG」が言うと無茶苦茶変なわけです。そしてまだ続く・・・

「キテェィちゃんはうちの娘が好きでな。俺も知ってるんだ。若い奴らにはまだ負けてないよな、俺も」と続けてのたまったわけ。

負けてるよ、あんた・・・。

とりあえず負けだろ?でも、横にいた若い部下は

「キテェィちゃん知ってるなんて凄いですね」とかほめてるし・・・。しかも自分まで発音合わせてるし。なんかリーマンの悲哀を 見た感じがするっす。その言葉にまたまたおやG調子ずいちゃってね。

「おじさんでもキテェィちゃん位知らないとだめだよ。」

うきゃ〜!凄い勘違い!別にいいけどさ。とりあえずそんなことあまり口にしない方がいいっす。

そんな訳のわからん会話が電車降りるまでず〜っと続いておりました。合掌。

○MD-ファイル〜その13〜 「鞄なおやG」
 友人N氏が毎朝の様に出会うおやG。個人的に実家に住んでいる時はその路線だったので、見たことがあるのかも・・・!?そんな おやGの話。

 朝のラッシュ。その駅は特急が止まりまする。そのまではかなり空いているけど、そこからギュウギュウの電車に早変わり!そんな 駅にいるこのおやG。
 電車がホームに滑りこんでくると、おはGはいてもたってもいられない状態。体が謎のリズムを刻みだしてしまう! そんなおやG。ドアが開くと同時に空席に向かってダッシュ!まぁこれで座れればいいけど、おやG・・・座れないと思うとおもむろに手に持っている鞄を ブン投げる!多少距離があろうが、多少人がいようがそんなことは全く眼中に無いといった感じ。

 おやGしょっちゅう人に鞄を当てるのだけど、言い訳が・・・

ごめんなさい、手が滑っちゃって

っておい!いくらなんでも 手が滑って鞄がブッ飛ぶかね!?その距離をブッ飛ばす程滑るということは、手を陸上選手の様に振りながら歩いていて、しかも手が超汗ばんでるとかそいういうレベルの 人じゃないと無理な話だで・・・。

そして今日もおやGは鞄を投げるのでありました・・・。

迷惑だからやめれ。

○MD-ファイル〜その14〜 「トイレな兄ちゃん」
   またまた友人からのネタ!T-CRISIS!の制作にプログラム的に貢献してくれる同僚からのネタだわさ!電車というより駅での話。

 毎朝の様に東京駅で電車を乗り換える彼。そう、彼は茨城から気の遠くなる様な時間をかけてやって来るのだ。そんな 彼がふと1人の兄ちゃんを視界に捉えた!

 ぼ〜っとした感じの兄ちゃん。何やらえらくその場所が気に入っているらしい。その場所とは・・・!?

女子トイレの前

 いゃっほぉ〜!!!朝からキテるぜ!この兄ちゃん。しかもだね、何やらもぞもぞと動いてるわけですわ。その兄ちゃん。

ズボンの上から股間をさすってる!

 犯罪一歩手前なこの彼。朝から凄すぎ。やってくれます。いやはや、都会には色々な人がいるものでございます・・・。

戦え!満員電車TOPへ

戦え!満員電車