○MD-ファイル〜その55〜 「電車でディナー♪」
混んでる電車の中で食事をするというのはどうでしょう?

今回はそんなお話。

基本的に都会に行けば行くほど電車の車内で食事をする人を見ることが少なくなる気がするわけなのですが、うちの実家の方に行きますと状況が一変しちゃうんですね。

某関東の海沿いのところなのですが実際住んだことは無かったりする実家なのでございます。

さて、今住んでいるところからこの住んだことの無い実家に行こうとするとどうしても乗らなければいけない電車があります。

田舎電車というわけでもないんでしょうが、通勤の人とか買い物帰りの人達で結構ごったがえす電車だったりしております。

まぁ本数も少ないので1本乗り過ごすと30分以上次がなかったりという悲惨な状態になったりするのでみんな気合が入っております。 季節を問わず30分以上ホームで電車を待つという行為はホント肉体的にも精神的にもよろしくないので、乗れる電車に乗らないといけないわけなんですね。

都心の方では「とりあえず次ぎの電車乗ればいいよねぇ〜」とか言って混んでる電車をスルーすることも可能ですが、ここではそういうわけにも行かないのでございます。

そして、その電車で終点まで行こうとすると2時間近くの時間がかかることもあってかみんな色々と装備が充実。

本やウォークマンといったものは当然の事ながら食べ物、飲み物の準備も万端!

ちょっとした旅行気分なんでしょうかね・・・ 椅子が向かい合って4人で座るタイプの椅子なので旅行気分はある程度仕方ないことなのかもしれないですけどね。

電車の旅でしたら「駅弁」とか結構いい感じだっりするのですが、この電車に乗っている人達が手にしているのはそんなものではございません。

駅の中にある「ロ●テリア」のハンバーガーとかポテトとかフライドチキンにはじまり、駅近辺のデパートのデパ地下で購入したお惣菜とかがメインになるわけですね。

正直ね臭いんですよ。

油臭いの電車の中が。

でもみんなあまり気にしないでモリモリ食事しはじめたりするわけですよ。

ホント周りなんか知ったこっちゃねぇ〜んだよボケ!

という感じでしょうか。

しかも冬だったりすると窓開けないからこの油っこい臭いが車内にこもるわけですね。 ホント素敵です。

何だかわからない天ぷらみたいなものをほおばってゲラゲラ笑ってるおばさんとかを直視してしまうと思わず

強制ぶらり途中下車

させてしまいたくなる衝動にかられつつもとりあえずさっさと平らげてその油臭いのを何とかしてくれよと思ったりするわけなんです。

いかんせんこの路線では車内でファーストフードとかを広げて食べることは別に悪いことじゃないみたいなので(涙)

一番強烈だったのが「ケ●タッキー」の「パーテ●ーバーレル」を広げて喰ってる家族でしょうか。

何かここだけクリスマス状態。

子供の笑顔が何か素敵なんだけどさ、一応ここってば電車の中なんだよね・・・って思わず言いたくなる感じで。

しかも妙に手馴れた手つきで喰ってるわけですよ。

新聞で兜みたいなのを折ってそこに喰い終わった骨を放り込んで最後は「パー●ィーバーレル」の入れ物に新聞ごと入れて食事終了!

さては常連だなこの家族。

まぁいいんですよ別に電車で飯食っても。

でもね、色々な油っこい臭いが入り混じってなおかつ結構沢山の人が乗っていて窓の開いていない、しかも駅と駅は結構距離がある電車を想像してみてください。

かなりヘビーです。

慣れの問題なんだろうけど、慣れたくないです(涙)

年に2回位乗るのでもういっぱいいっぱいなんでございます。

戦え!満員電車TOPへ

戦え!満員電車