○MD-ファイル〜その56〜 「ひろし子?」
友人が地下鉄に乗っている時に遭遇した人のお話。

最近独り言を言ってる人って妙に増えてきてる気がするんですが気のせいでしょうか?
街を歩きながらふと通り過ぎていく人たちを見ていると大体1日に数人は独り言を言いながら歩いていたり独り言を言いながら不思議な微笑みを浮かべてる人がいたりするんですよね。

まぁ街中にそういう人が沢山いればその中の数%が電車に乗っていてもおかしくはないということで。

友人は地下鉄に揺られていました。

通勤ラッシュど真ん中一歩手前という感じで結構混んでるけどまぁ何とかなるだろ?って感じの混み具合の電車に乗車したそうです。

ふと見ると1席空いている席が。

座ろうかなぁ?と思ったりもしたらしいのですがどうも周りの様子が変な事に気が付いたそうで。

混んでる電車でポツンと空いている席というのは
大体何かしらかのトラップなわけで。

空いている席の前にちょっと綺麗なというか幸薄そうな?美人のお姉さんが立っていたそうです。

しかし、周りはなんとなくそのお姉さんと距離を置いている感じ。

空いてる席の両隣に座ってる人はチラッ、チラッと立っているお姉さんをチラ見。

どうもおかしい。

とりあえずその幸薄そうなお姉さんの隣の隣辺りにスタンディング。

すると・・・

「今日も上司に怒られました・・・」

とか

「1人で食べるお昼は寂しいです・・・」

など

何か1人事をつぶやいておりました。

他にもエンドレスで色々な自虐的不幸話が飛び出す飛び出す。

それも周りに結構聞こえる声で。

こ、これは一体!?

ネタなのか?

もしかして若手お笑い芸人の「ひろし」の様な芸風の新人お笑い芸人が度胸試しでもしてますか?

そんな状態。

しかし、どうも独り言を言っている幸薄そうなお姉さんの目が違う。

ネタ披露というには目がイッちゃってる感じ。

体は電車の中にいるけど心は「お笑いオンエアバトル」出場中なのかと。

窓の映る自分の目をじっと見つめながら幸薄そうな表情で淡々と不幸話を口にするこのお姉さん。

周りの人もちょっと不思議そうに眺めております。
さすがに目の前の椅子が空いてるのもなんとなくわかる感じ。

考え方によっては自虐ネタを特等席で見ていられるという素敵なポジションなのかもしれないけれど。
何ていいますかネタというよりも実生活での負のオーラを言葉に表してただひたすらぶつけられるという感じ。
こんなんずっと聞いてたらそれだけで調子が悪くなってしまうのではないかしら!?

そんな理由で幸薄そうなちょっと美人でだけどちょっとイッてしまわれてるお姉さんの前の席は空席のまま。

そして次の駅へ。

勇者登場!

というか単にヘッドフォンしてて周りが見えてない青年がお姉さんの前に着席。

しばらくは何事も無かったかのように座っていた青年。

しかしそこには負のオーラがっ!

周りの状況がどうもおかしいかも!?と本能的に察した青年は音楽を聞いていたヘッドフォンを外してしばし静観。

そして目の前に繰り広げられる自虐ネタのオンパレードに気づきサッと席を立つ。
さすがの勇者もひたすら呪文のように負のオーラが発せられてる状態じゃちょっと厳しかったか!
まぁドラクエのボスが目の前でひたすら精神攻撃呪文を発してるわけなのでレベル25位じゃ太刀打ちできません。

夢に出ちゃうよホント。

そしてまた空席が出来上がり・・・

次の駅で友人は降りてしまったのでこの後このお姉さんがどういう形でネタ披露を終了させたかまではわからないものの何とも悲しいというか恐いです。

東京砂漠上手く生き抜かないとやられてしまいます(涙)

「1人で食べるお昼は寂しいです・・・」って昼時に何か食べながら独り言を言ってそうな感じが更に恐いかも。

誰か一緒にランチ行ってあげてよホント。

戦え!満員電車TOPへ

戦え!満員電車