○MD-投稿ファイル〜その7〜 「フェチガキ!?」
目撃者:gwymさん
  今はもう穴がふさがっていますが、学生の頃、ピアスをつけていたことがあります。
私の耳たぶは結構大きくて分厚く、見た感じもなかなか重量感があり、

ピアスもその耳たぶの真ん中に一つつけていただけなので、かなりぶらぶらゆれていたんだと推測されます。 学校の帰り道、最寄の駅が発着駅だったために確実に座れるので、ほぼ毎日寝て帰りました。

その日もいつものようにウトウトなんて可愛らしいものではなく、 ぐっすりと睡眠をとっておりましたところ、何やら耳元が涼しいような・・・ 夢見心地のまま感じておりました。

しばらくすると、明らかに何かが触れている気がする。 「混んで来たか?」「もしやうつらうつらとして、隣の人にもたれ掛かっているのでは?」

起きるのが面倒だったので、目を覚ますまでの間あれこれ考えましたが、 何とも気になるので仕方なく起きることにしました。

目を開けると眼前には人の顔!

「わぁっ」と思いましたが、よく見ると4歳くらいの男の子でした。
私のピアスが珍しかったらしく、触ったり息を吹きかけたりして遊んでいるのでした。

「自分の子どもが遊んでる様子くらい見ててくれ、お父さん・・・」

「ていうか、早くやめさせてくれ・・・」

結局散々もてあそばれ、その父子は某市営動物園のある駅で降りていきました。

あの子は今一体どんな少年になっているのだろう。

耳たぶフェチなんかにはなってないよね??

勝手に感想文

掲載完了のお知らせをメールで遅らせていただいたのですがエラーで帰ってきてしまいました。gwymさん投稿ありがとうございます!

なんかうらやましぃ事してるなぁこのガキ( ̄□ ̄;)というのはまぁ置いておいて。このガキは多分今ごろ立派な耳フェチに成長してることは間違いないかと思われます。
結構お父さんが早いうちから耳フェチとして育ててた!?なんて事もあったりしそうですね。

戦え!満員電車TOPへ

戦え!満員電車