○N-ファイル〜その4〜 「知らねぇ〜よ!」
飲んだらカラオケ!そんな人も多かったりするんじゃないでしょうか?
そんな、飲んだ後のカラオケの時のお話。

適度に酒が入った状態で電車もなくなったので朝まで歌うぞぉ〜ということでカラオケ店に行ってみたわけなんですね。

まぁ朝まで歌っていられるのはその中でも数人だとは思うんですが・・・。

とりあえず席につき、飲み物なんか選んでみたりするわけんですね。散々飲んだのにまだ飲むのかよ!とか思いつつも飲み物を選ぶのでございます。

そんな中、一人の女の子が曲を入力。まぁ普通に歌いはじめます。

で、曲を選ぶのも忘れてみんなで聞いていたのですが・・・。

ふと現在入力されている曲数を見てみると。

6曲

今このカラオケボックスに居る人数6人。男3・女3の6人。

で、俺は入れてないんだけど残曲数6曲。俺の両隣の人も入れてないんだけど残曲数6曲。

歌ってる人も歌いながら入れてるということが無いのに残曲数6曲!

ふと部屋の隅を見てみると。

何か一人で歌本見ながらガンガン曲を入れてる女性を発見!

おいおい、何やってんだあんた!

そんな状態。

で、歌ってる人が終わると・・・。

「はい、じゃあ次の歌ってね」

などと言い出すわけですね。

どうやらこのカラオケは歌う歌が決まっているらしい。

嫌過ぎなんですけど。そんなカラオケ。

しかも、マイクを渡されたはいいが、しらねぇ〜よこんな曲!ってな曲だったり。

曲というよりも、歌ってる人を知りません俺は。

「歌えねぇ〜よ!」

って答えると隣の人にマイクが。

「俺もしらねぇ〜」と隣が答えると、また隣へ・・・。

で、誰も歌えないんだよね。っていうか誰ですかこれ歌ってるアーティストは!?

「もぉ〜じゃあ私歌うっ!」

と、最終的に曲を入れた女の子が歌うんだけど、何か振り付きで歌ってるんでございます。

振り&独特の声の出し方からしてたぶんビジュアル系

ま、そんなことがその後5曲分続くんだけどな!

お前の好きなTHE ALFEEの高見沢もある意味ビジュアル系だろ!と突っ込まれそうですが、これとそれとは話が違います。

「私〇〇(アーティスト名、しかも略してるからわからん)歌える人が好きなんだけどなぁ」

はい。好かれたくありません。

長い夜でした(涙)

これと似たような話がもう1つあるのですが、それはそのうち他のコーナー辺りで・・・。

恐怖の飲み会TOPへ

T-CRISIS!