○Fan-ファイル〜その7〜 「ボールプールとガキと綺麗なおばさんと」
●業種:アミューズメント系 ●職種:テーマパーク ●給与:時給850円 ●その他:残業有り
●勤務時間:17:00〜23:00
 

某室内型テーマパークでバイトをしていたときの話。

ここでは色々なゲームがありまして、まぁテレビゲームもあるけれど、担当していたのがボール投げたり、ワニ叩いたりしてある一定の点数以上をはじき出したら景品をあげちゃう!というコーナーでございました。

ここにボールプール(野球のボールくらいのボールが沢山入ったプールみたいな?やつ)から前にあるバケツにボールをガンガン投げて、点数を競うというゲームがあったわけなんですね。

小さい子だったらこのボールプールに埋まってしまいそう。そんな位のボールプール。

いつもの様にマイク片手にバイトしていたわけでございます。「寄ってらっしゃ、見てらっしゃい!」みたいな感じのマイクワークをしていたのですが・・・。

ふと気付くとボールプールの中でガキが!ガキが泳いでる!

2,3歳の子供がボールプールの中で遊んでいるわけなんですね。しかも!ボールプールからボールを外に投げまくり!

おいおい、勘弁してくれよ。まぁそんな感じで外に投げてるボールをとりあえずボールプールに戻したりしてね。

そんでもってガキをとりあえずボールプールから出して、通常業務再開♪

たまにいるんですわ、ボールプールに入って大暴れするお子さまが。基本的にこれはゲーム用であって、ガキが泳ぐ為のボールプールじゃないので、とりあえず見つけ次第速攻で出す!これが鉄則。

そうこうしているとまぁ他のゲームもあって、そっちのマイクワークとかもしないといけないので、とりあえず他の仕事してふと見ると・・・。

またかよ!

また泳いでるよさっきのガキ!

しかもボールは外に投げるは、ボールを入れる為の缶の蓋を開けたり閉めたりしてるしさ。壊れたらどーすんのさ!?

とりあえずダッシュでガキを外に出し、ボールを片づけたりしてみたわけなんだけど、そこでふと1つの疑問が・・・。

「ボールプールの高さ的にこのガキは自力では入れない」

そう。誰かがガキをボールプールに入れてるわけなんですね。はて誰だろう?

しばらくこのガキをマークしていると・・・。

綺麗なお姉さんというか30代くらいの人登場!

ガキを抱き上げる→ボールプールに入れる→となりのメダルコーナーに移動

という一連の作業をしておりました。

親だろうと思うのでとりあえず移動中のそのお姉さんというかおばさん!?に注意。

「すみません、ここは色々なお客様がゲームを楽しむためのボールプールなのでお子様をお入れになられると困るのですが」

無茶苦茶丁寧な口調で注意。

「あ、すみません。そうだったんですね」

そう言いながらガキをプールから出すおばさん。

なんだ、話せばわかるじゃーん!綺麗だし、いい人なんじゃん?この人?

と、思ったのが大間違い!

5分後・・・。

ガキ、ボールプールで大暴れ!

なぬっ!?またこのガキかよ?どーなってんだ???

とりあえずまたガキを出す→ボール出す→またガキをマーク

すると・・・。

おばさん登場!

ガキを抱き上げる→ボールプールに入れる→となりのメダルコーナーに移動

またしても一連の作業を!

俺ダッシュ→おばさん呼び止める→おばさん謝る→ガキをプールから出す

さっきと同じ作業。

また5分後・・・。

ガキ大暴れ!

まじ勘弁してくれ。という感じ。何回言ってもダメなんですこの人。たぶんニワトリの遺伝子を組み込まれてる可能性大です。3歩歩いたら忘れるんだよ!

仕方がないので、このボールプールのゲームに1日スタッフ張り付きで、ガキを入れる事が出来ないようにしたものの、いやはや。馬鹿過ぎだろこのおばさん。綺麗なんだけどね・・・。だから何だよ!って感じで。

いっそのこと、このガキボールプールに沈めてやろうか?とか思ったわけですがさすがにそうもいかず。

実は、このおばさんとガキ、この後様々な事をやってくれるのでありました。しかも家族というか一族で・・・。

続きはまたの機会にでも。

T-CRISIS!